栄光ゼミナール。

SNS共有

中学校の時に通っていた塾。
私たちの生き方や考え方に、ものすごい影響力を与えた先生がいて。

英語の歌詞を使った授業も多くて、私の青春時代に聴いて刻まれている音楽は、全部先生から教えてもらったもの。
ビートルズ、ストーンズ、ボブ・マーリー、マービン・ゲイ、スティービー・ワンダー、カエターノ・ベローゾ、ジルベルト・ジル、タック&パティ、ドナル
ド・フェイゲン・・・

「おまえら、つまんないとか言ってないで自分たちで楽しくしろ!」

そういう先生だった。
学校の先生以上のことを教えてくれていたと思う。

そして、当時(も?)自信のなかった私ですが、先生が私らしさというものを発見してくれたので、自分の個性のようなものを発見できたりもした。

先生は私たちが卒業した後アメリカの大学院に行ったり、帰ってきた後ももう地元にはいなかったので、私たちが最後に会ったには大学生の時だった。

今月に入って、市役所に勤める塾の仲間から高揚したメールが入って。
先生が役所に来た、IT企業の社長になってた!と。

私の住むところでは毎年夏に大きな花火大会が行われていたんだけど、それが去年でつぶれてしまった。
先生は、その花火大会復活の署名を集めた結果を出しつつ、話し合いを求めにきていたのだ。

自分たちで動け!と私たちに言っていた先生は、ちゃんと今でも自分で動いていて。

私たちはドキドキした。あの頃にタイムスリップしたようで。

この前、先生と仲間たちと集まって飲んだ。
懐かしい話を、いっぱい、いっぱいした。

指されるの怖かったから自習の時嬉しかったよね。
でも塾で自習っておかしいよね。
でもよく自習あったよね。。。
先生は、徹夜した時とか自習にしていたらしい。
それっていいの?って今さら気づいたり。

よくジャワティー買いに行かされたよね。キャメルも!
中学生によく買いに行かせたよね、とか。

「この番号にかけると秘書のボブが出るからやめとけ!」ってよく先生が言ってたのを、信じてしまっていた男の子とか。
かけるのやめとけって言いながら、何でその番号教えたんだろうね、とか。

「おまえら、今からジャマイカ連れっててやる!窓閉めろ~!」って熱気むんむんにさせてドライブに行く話とか、

補習をよくしてくれていたんだけど、男子だけの時に「女性について」とかいう講義があって興奮しただとか・・・

たくさん笑って、でも何だか涙がでてきちゃいそうな感じだった。

当時大学生だったのに、よく中学生相手にいろいろしてくれたもんだ、とほんと感心する。

花火大会の話もして。
期待している人は多いけど、待ってるだけじゃダメだって。誰かがじゃなくて、自分で動かなきゃって。
本当にそうだなあ。

大人になった今でも、先生はおおいに刺激的な時間をくれた。
私も、自分ができることをしたい!と思ったし、その場にいたみんなが自分ができることを振り返った様子だった。

花火はまたやってきそうです。

Leave a Reply