音楽って、あまりにもその人だし、生き方だ。

SNS共有

音楽とのつきあい方、距離感、とか言うけど、
結局音楽ってその人そのものだし、生き方だなあと
つくづく感じた富山&金沢の旅でした。

私のぐちゃぐちゃは、私なのでした。
さあ、どこまで素直になりましょう。
それに、まだよくわからないことがたくさんある。

ただ、ただならぬ旅だったのは確か・・・

人とつながって生きるということ。
私はまだ難しく、勉強中。

それは、ただ単なる人間関係ということじゃなくて、
自分が何者で、何ができるかということ。

共演者は、本当にみんな素晴らしかった。

今回ずっと一緒に行動を共にして、特に近くで触れることができた富山優子という音楽家。
凛としていて、とてもかっこよかった。
非常にニュートラルで、自分の良いところを素直に受け止めているし、弱いところも知っていて、それを知っていることに対してとても冷静。というか、客観的。
なんか、すごく自己受容ができていて、だから人の良いところもちゃんと見れている感じ。
自信があるってこういうことかな。と思う。
おごりたかぶってないし、けんそんしていない。
だから、ライブにはとても安定感があるし、でも枠にはまっていなくて、等身大+αができている。
聴いていて、無防備に胸いっぱいになれる。
富山優子の音楽でありながら、私は私の心の旅をするのだ。
旅の前には覚えるほどCDを聞き込んだけど、すごくいい音楽なの。
私の日常をすごく良くしてくれる。普通のことも。
そんな音楽サイコーだ。
もうそれって私の歌だし、みんなの歌だ。
歌は、人の入れるスキがあった方がいい。
それは、人を知らないとできないし、人を考えて生きてないと、自然に出てくるのは難しいと思う。
富山優子は、「世界が気になる~っ」って言って、毎日新聞やテレビを見たがっていた。
あのニュートラルさは、そこからもきてるのかな、とか。
なんか、地獄巡りの高橋裕さんに通ずるものがあるな・・・と思っていたら、知り合いの様子。やっぱりそうか。
すごく多角的だし、それでいて骨組みって感じ。
しかも目指すところが、「みんなが歌ってくれる作曲家」だって!
しかも、「最初は、曲がどうやってできてるかを知りたかったの」だって。
つまり、音楽で遊んでいて(真剣でしょうけど)おしつけがましくない。ブレてない。非常にさわやかなのだ。
好きすぎかなあ?笑 とにかく感動してしまったの。

今回の旅で思ったの。
愛ってとても、軽やかなものかもしれないって。

さあ、自分には何ができるんでしょう。
ってゆうか、私は何がしたい?
どんなふうに生きたい?
残りの時間をどう使う?
自分に問いかけてみる。

今を生きなきゃ。過去から探った未来じゃなく。
音楽は、それを教えてくれている。

・・・いや~、まじめ!
音楽となるとね。

今回は素敵な音楽にも出会え胸いっぱい、貴重な時間を過ごさせてもらいました。
声をかけてくれたヨシヒロさん、ありがとうございました。
新しく出会ったみなさん、聴いてくださったみなさん、
ありがとうございました。
東京の顔もありましたね!

日常に、いろんな想いを持ち帰ってきました。
まだ処理しきれていない想いもありますが、
それも抱えたまま、また新しくなるのだ。
少しづつ溶かしていって、私はもっと私になるのだ。

Leave a Reply